twitter facebook youtube
タイトル画像
タイトル画像
タイトル画像
タイトル画像
タイトルアイコン

2018年11月13日

今週末は、秋山羊子 島崎智子 だってお馬鹿じゃないもの 浅草編

今週末11/18(日)浅草にほど近い「なってるハウス」で歌います。
「なってるハウス」に初めて行ったのはたぶんもう10年ぐらい前。ベースの齋藤徹とヴォーカル酒井俊さんのLIVEを聴きに行きました。ベースを弾くのではなく、叩いたり、引っ掻いたり、まるでオモチャのようにベースと戯れる姿は強烈すぎて今でも忘れられません。
他の日の出演者も渋谷毅さんとか、一筋縄でいかないタイプのそうそうたる面子で私なんかが踏み入れては行けない雰囲気がありました。
今は出演者も以前とは少し変わってきてるみたいですが、そんな店で歌えるなんてとても光栄です。
島崎智子さんとのツアーの締め最終日ということで思い残すことなく満喫したいです。
なってるハウスで皆さんとお会いしたいです。
お待ちしてます。


秋山羊子 島崎智子 だってお馬鹿じゃないもの 浅草編
2018年11月18日(日)なってるハウス(東京・合羽橋)
出演: 島崎智子、 秋山羊子
◆OPEN/17:30 START/18:00
◆前売2,500円(当日2,800円)+1オーダー
111-0036 東京都台東区松が谷4-1-8 1F
※東京メトロ日比谷線入谷駅徒歩8分/つくばエクスプレス浅草駅から徒歩8分
03-3847-2113
http://www.geocities.jp/knuttelhousekappabashi/

ご予約・お問い合わせ:
knuttelhouse@gmail.com [なってるハウス]
glad@8-shimasaki-8.com  [島崎智子]
http://www.hitsujilabo.com/contact.html [秋山羊子]
1113.jpg
(本日の一曲)
大和真二郎「サウスバウンド」
posted by yoko at 15:58| Comment(0) | お知らせ

2018年11月07日

秋山羊子 島崎智子 だってお馬鹿じゃないものツアー 西日本編 ライヴレポート

名古屋、京都、大阪LIVE無事終了しました。疲れましたが、素敵な疲れです。

まず初日11/2の名古屋。会場は夜空と月のピアス。
1番目はaki168さんから。
MCらしいMCをせず、ずっと一度も笑わず、最後まで見事なまでにピーンと糸が張ったままでした。真似出来ないです。

次は島崎智子さん。
最初からぶっ飛ばしてました。
最近の島崎さんは歌うことに飢えてる感がもう半端ないです。

最後は私のステージ。
皆さんがちゃんと集中してくださっていたので慌てずじっくり演奏することが出来ました。

(セットリスト)※曲目曲順は、ちょっとあやしいです。
マグノリア
夏に焦がれて
もう一度僕らは
紫陽花レニー
シャンシャン
水分
どん
時のかけら


2日目11/3は京都でカフェ・ザンパノ。
まず島崎智子さんから。
この日は生ピアノだったせいもあって、島崎さん気持ちよく弾いてるなーと。
お客様さんも集中していて贅沢な時間だなーと思いました。

次は私のステージ。
「ハテナ」と「バッテイングセンター」を不意にやりたくなってやったはいいのだけど、高音が厳しくて後から少し反省。
以前みたいに歌いたい曲が自由に歌えないのは辛いなぁ。。
終わった後お客さんとゆっくり話ができきました。

(セットリスト)※やはり曲目曲順あやしいです。
マグノリア
もう一度僕らは
ハテナ
バッテイングセンター
水分
どん
コロッケパン


3日目は大阪で会場はワンドロップ。
まず島崎智子さんのステージ。
昨日よりも更に集中したステージでした。
島崎智子に影響を受けて真似をしようとされる方はきっと多いと思いますが島崎のような切なさはきっと出せないだろうなー。

次に私の出番。会場のみなさんのお陰でMCもいつもより緊張せずすることができました。
西日本ツアーの最終日ということで出し切りたいなーと思いつつも声のコントロールで苦戦してました。でもきっとこれからも常になにかに苦戦し続けるのかもしれませんね。

(セットリスト)
イチ ニー サン
シャンシャン
メロンソーダ
ジンギスカン
もう一度僕らは
指一本で倒されるだろう
紫陽花レニー
コロッケパン
どん
水分


長くなりましたが、今回のツアーで「今できることを精一杯やる」という当たり前だけど簡単でないこと、できたかしら。
またツアーしてみなさんに会いたいです。
そう思わせてくださってありがとうございました。
1106.jpg
(本日の一曲)
楠瀬誠志郎「僕がどんなに君を好きか、君は知らない」
posted by yoko at 00:25| Comment(0) | ライヴ・レポート

page top