twitter facebook youtube
タイトル画像
タイトル画像
タイトル画像
タイトル画像
タイトルアイコン

2018年07月17日

集中力を切らさない 福岡LIVEレポート

福岡ライブ終わりました。
今回はステージの最後まで集中力を切らさないというのが一つの目標でした。
どうだったかしら?!自己評価としては、、、まずまずだったのではと思ってます。

1日目のジョイ・トリップ・カフェ。
まず先に田添香菜美さんのステージ。
歌がとても安定していて上手ですし、上手さに嫌味はなくとても気持ちのいい上手さでした。
田添さんは会場にお入りになってからお帰りになるまで終始周りの人にとても気持ちのいい気の使い方をされていて私はそれにとても助けられました。
ご自分の言葉で丁寧にMCをされる感じがとてもいいなぁーと思いました。
私もそうしたいなと思いました。
ピアノが苦手とおっしゃっていましたが、そんな風に感じませんでした。
もちろんスーパーテクニシャンには聴こえませんでしたが、いつも思うのですがピアノが苦手とかギターが苦手とかいう人って結構、逆にいい感じの人が多い気がします。
なぜかな、難しいことをしないからかな、センスでカバーしてるせいかしら。

次は私のステージ。
田添さんが会場を良い雰囲気にしてくださったので私は無理せずスーッと演奏に入れました。
緊張はしていましたがそれ以上に喜びが強い感じでした。
お客さんはとても集中してくださっていました。そのおかげで私も集中出来て目標である
最後まで集中力を切らさないことに近づけた気がします。
最近即興的なことを出来たなかったのですがこの日は時折遊ぶことが出来ました。
そのことに自分が驚いていました。

1日目のセットリストです。

君へ
指一本で倒されるだろう
紫陽花レニー
ゴールド
もう一度僕らは
夕立
メロンソーダ
コロッケパン
水分
雨のステーション(アンコール/田添香奈美さんと一緒に) 


2日目はカフェ・アリワ。
昨晩興奮してあまり眠れずなんとなーくぼんやりしていましたが本番が始まると吹っ飛んでしまいました。

まず高取淑子さんのステージから。
以前わたしはわりと一曲一曲でライヴをやっていたのですが、最近はステージ全体で捉えるようになってきました。
高取さんはそういう意味でとてもいいタイミングでいいお手本をみせてくださいました。
とても分析的で申し訳ない見方ですが、山場の作り方、長めのMCを入れるタイミング、違った感じの曲を持ってくるタイミング、そういうのをわかりやすく見せてくださいました。
声を張り上げるのも無駄にやりすぎず効果的なタイミングで張り上げてらっしゃいました。
ご本人はそれを本能的にされてらっしゃるのかもしれませんが。
最後から2曲目の子育てをされてる時に作ったという曲がツボでした。

次は私のステージ。
高取さんのお客さんが多かったせいもあって、私の音楽をどう感じるのかとドキドキしながら歌いました。
お客さんはうんうんとうなづきながらやさしく聞いてくださっていました。
例えがナンですがお母さんがいっぱいいる、そんな感じでした。
「みなとまち」は途中歌詞を間違ったりして、危なかったです。
後半やっとほぐれてきて最後の「水分」でようやっとのびのびを歌えました。

アンコールの「I Love You」では高取さんがもったいないぐらいな神秘的で温かいコーラスをしてくださってとても幸せでした。

2日目のセットリストです。

ほめられたい
イチ ニ ーサン
みなとまち
紫陽花レニー
指一本で倒されるだろう
どん
マグノリア
時のかけら
水分
I Love You(アンコール/高取淑子さんと一緒に)


また福岡へ行きたいです。
今年も呼んでくださった企画の高宮ラケンロールハウス武元さん、ジョイトリップカフェの熊添さん、スタッフの奈々子さん、キーボードを貸してくださった松本ともみさん、アリワの直子さん、あずきさん、素敵な写真を撮ってくださったペンギンさん、撮影してくださった高取さんの旦那さま、そして来てくださったお客さま本当にありがとうございました。
0717.jpg
(本日の一曲)
高石純二「Life Is Beautiful」
posted by yoko at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ・レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183927977

この記事へのトラックバック

page top